2016年3月勉強会

テーマ:「母乳育児支援の学び方」

 

    ~各施設の現状からヒントを見出そう~

 

日時:2016310日(木)

 

   18時半~19時半

 

 

 

場所:愛育病院 9階会議室

 

参加費:会員 無料 非会員 500

 

2011年9月勉強会報告

1時間でわかる乳腺トラブルの正しい対処

愛育病院 竹田善治

講演の要約

 

 乳腺炎を診る際にまず注目すべき点は細菌感染の有無です。血算やCRPなどの血液検査ができなくても、発熱、発赤、痛みの3症状を見ることにより、細菌感染があるか否かを判断することができます。細菌感染がない場合には抗菌薬などの薬物治療は不要です。

 細菌感染がなければ、乳腺炎治療の中心はマッサージです。それぞれの病態(乳房うっ積、うつ乳、うっ滞性乳腺炎)に応じたマッサージ法を行います。その他にも、搾乳、クーリング、抱き方・飲ませ方の確認、食事療法、薬物療法などを組み合わせて対処します。従来用いられてきた抗炎症薬は今年に入って乳腺への適応が無くなったものがあるので注意が必要です。

 乳頭トラブルの多くは抱き方、飲ませ方が不適切なために起こる、機械的・物理的な外傷によるものですから、授乳法を見直すことが最も大切です。乳頭の炎症が強い場合には抗菌薬の入った軟膏を用いる場合もあります。中には乳頭の湿疹やカンジダ症の場合があるため、この場合にはそれぞれにあった軟膏を用います。

<今回の勉強会について>」

参加人数は57名(会員13名・未会員44名)、職種は助産師44名・看護師3名・産科医師2名で、アンケート回答数は51名(回収率90%)でした。

乳房・乳頭等のトラブルには日頃から、悩みながらケアされている参加者の方ばかりで、

・判断のポイントが簡潔にまとめられており、明日から早速ケアに取り入れたい。

・フォローチャート式に説明があり、「こんな時どうするのか?」ということについて、頭に入ってきやすかった。

・乳房トラブルの正しい対処とその機序を学ぶことができた。

・マッサージのVTRがあって良かった。

などの感想が多く、有意義な勉強会になりました。

 

【勉強会の内容】

講義+VTR(乳頭・乳管開通マッサージ、硬結時のマッサージ・搾乳の方法)

過去の勉強会タイトルと講師

平成20年3月
  テーマ:母乳と黄疸
  講師:聖路加国際病院小児科医 草川巧先生

平成20年5月

  テーマ:吸着困難ー事例を通してー
  講師:葛飾赤十字産院 荒巻 東香助産師

平成20年10月

  テーマ:母乳育児を続けるために~乳房トラブルへの対応~

  講師:愛育病院産科医師 竹田善治先生

平成20年12月

  テーマ:妊娠中・授乳中の喫煙
  講師:聖母病院小児科医師 猪野雅孝先生

平成21年3月

  テーマ:体重減少について
  講師:聖路加国際病院 小児科医師 草川 功先生
平成21年5月

  テーマ:母乳育児支援の推進

平成21年10月

  テーマ:乳頭トラブルへの解決法

平成21年12月

  テーマ:新型インフルエンザと母乳育児